PR

中島みゆき「御機嫌如何」歌詞を解釈・考察!氷の女にはなりきれない

中島みゆき
記事内に広告が含まれています。

中島みゆきさんの楽曲「御機嫌如何」の歌詞について考えてみます。

「御機嫌如何」はどんな歌?

「御機嫌如何」は中島みゆきさんが1987年に発売したシングル曲です。

created by Rinker
¥250 (2024/05/28 11:07:56時点 Amazon調べ-詳細)

郵政省の「かもめ~る」のCMソングとしても使われたそうです。

「かもめ~る」って何!?

という若い世代の方も多いと思いますが、「かもめ~る」は2020年まで発行されていた当選くじ付きの残暑見舞いハガキです。

ぽこ
ぽこ

かくいう私も名称以外はあまり知りませんでしたが…。

しかし「御機嫌如何」が、暑中見舞いハガキのCMに使われていたとはビックリです。

歌詞の内容は、遠距離恋愛が破綻していくストーリーで、結構ドギツイ表現もありますからね…。

サビの部分だけ聴けば、明るくさわやかな歌だと思われそうなので、CMではその部分だけが切り取られた使われたのではないでしょうか。

ちなみにシングル「御機嫌如何」のカップリング曲は「シュガー」。

「シュガー」はカップリング曲とは思えないような魅力ある楽曲で、中島みゆきさんのベスト盤「BEST SELECTION II」にも収録されているほどの名曲です。

「御機嫌如何」のテーマはわかりやすくシンプル

ぽこ
ぽこ

では、ここから「御機嫌如何」の歌詞を読み解いていきます!

「御機嫌如何」の歌詞はUta-Netでご覧ください

「御機嫌如何」に描かれている歌詞のテーマは、比較的わかりやすいです。

冒頭は…

もしも離れ離れになっても変わらないと

あれほど誓った言葉が風に融けてゆく

…つまり、遠距離恋愛がうまくいかなくなった物語です。

続く歌詞はこうなっています。

なさけないものですね あなたを忘れました

女は意外と 立ち直れるものなのでしょう

遠距離恋愛といってもお互いに冷めたわけではなく、「女は意外と立ち直れる」とあることから、女性側の方がフラれてしまったのでしょう。

「私は元気だ」という強がり

「御機嫌如何」の面白いところは、「御機嫌如何?」と問いかけておきながら、その返答などどうでもよいという感じの歌詞が続くことです。

中島みゆきさんがさわやかに歌い上げる、明るい曲調のサビの歌詞はこうなっています。

御機嫌如何ですか

私はあい変らずです

泣いてる日もあります 笑う日だってあります

…自分のことばっかり語っている!

「それであなたはどうですか?」という空気がどこにもない。

「御機嫌如何」というのは歌のタイトルでありながら、日本の手紙でよくある形式的な挨拶であって、ほとんど意味をなしていないという…。

では、歌の主人公女性が出している手紙には、何が書いてあるのかというと、「私はまあまあ元気。あなたのことなんか気にしてないよ」というメッセージのオンパレード。

人形たちのようなヒロインじゃあるまいし

嘆いていないわ うぬぼれないでほしいのよ

あなたも私を もう気づかわないでいいわ

このように畳みかける「私は元気」というメッセージは、わざとらしく響きます。

嘘であり、強がりであるからこそ、何度も言葉を変えて繰り返されるのでしょう。

それでも日常生活は続く

「御機嫌如何」で発される「私は元気」というメッセージが強がりであることは、こんなドキッとするような歌詞で示唆されています。

そうよ日々の暮らしは心とは別にゆく

泣き過ぎて血を吐いて 喉でそれでも水を飲む

ここの表現はドギツイですね~。

どんな大きな問題やストレスを心が抱えていようと、日常生活は通常通りやってくるので、普通に暮らしていかなければならない。

仕事も行かなければならないし、プライベートな問題を仕事に影響させてはいけない。

失恋で悲しくて泣きに泣いて、精神的ストレスが身体の不調まで及ぶようなとき(=血を吐いて)でも、生きていくために水を飲んだり何か食べたりしなければならず、見た目上は通常運転を続けていく。

プライベート・精神的な部分と、仕事・日常的な部分のアンバランスは、誰でも経験したことがあると思います。それゆえ共感してしまうフレーズですね。

「氷」と「涙」の組み合わせの面白さ

さて。

「あなたにフラれても私はいっこうに平気。普通に暮らしているよ」という強がりのメッセージを発している歌い手の女性は、自分のことを「氷の女」と表現します。

氷の女発の 手紙をしたためます

しかし最後に、自分が「氷の女」ではないことを表明してしまいます。

涙で濡らした切手を最後に貼ります

この最後のフレーズを最初に聴いた時には、

ぽこ
ぽこ

「氷の女」が涙を流すのって変だよな~。氷なんだから泣かないんじゃない?

…と思いましたが、この「氷」と「涙」の矛盾こそが「御機嫌如何」のテーマなのでしょうね。

どんなに強がって外見を取り繕っていても(=氷)、結局は本心(=涙)に負けてしまう。

中島みゆきさんが作る「強がっている女の歌」は、「強がりはよせよ」「孤独の肖像」「Maybe」など名曲が多いです。

「御機嫌如何」サビとAメロの歌詞のギャップ、明るいメロディーラインと重めのイントロ・後奏のギャップなども合わさって、強がり切れない女心がよく表現されているなあと思います。

まとめ

中島みゆきさんの「御機嫌如何」の歌詞について考えてみました。

歌詞全体を見ると、やっぱり「よく暑中見舞いのCMにしたな…」と思っちゃいます(笑)。

「御機嫌如何」は、その名も「中島みゆき」というアルバムの2曲目にも収録されています。

created by Rinker
¥1,573 (2024/05/27 15:13:09時点 楽天市場調べ-詳細)

「中島みゆき」は、名曲「ローリング」が収録されているアルバムです。

「御機嫌如何」は、中島みゆきさんのシングル曲を集めた「SinglesⅡ」というアルバムでも聴けます。

created by Rinker
Yamaha Music
¥3,091 (2024/05/28 01:17:08時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのアルバムは、カップリング曲の「シュガー」も収録されています。

タイトルとURLをコピーしました